ようこそ ~ボニーの部屋~ へ🎵


腎臓療法食、いろいろありますね。ドライフード・ウエットフード、それぞれ好みや食べ良いもの、そうでないものと。ここでは、療法食と一緒に腎臓配慮のフードも少しご紹介します。

わたし実はカリカリ(ドライフード)の方が好きなのね

ボニーちゃん、ウエットフードとドライフードを一つのお皿に盛ると、たいたいドライフードから食べます。腎臓のためにも食事から水分を摂って欲しいのでウエットフードも出しますが、ドライフードが好きです。


獣医師さんから「療法食を食べなそうなら療法食にこだわらず普通食(総合栄養食)のウエットフードを食べさせていた方が良い」と言われたのもあり、どちらかというとウエットを多めに食べてほしいところですが、お口の調子が多少悪くてもドライもボリボリ食べるボニーちゃんです。ボニーちゃんの食べっぷりと形状を中心にまとめます。

*基本的に”療法食”ですのでここで成分比較はしません。スタッフもボニーちゃんも素人ですので。


Ⅲ 腎臓療法食&腎臓配慮フード ドライフード編


ロイヤルカナン

腎臓サポート

 

そこそこの大きさですが、平たい丸で食べやすそうです。特に匂いが強いわけでもないです。

ボ「うん、普通に食べるよ。でも何か他のも混ぜてね」

k/dかロイカナが基本になっていることが多いです。


Dr’scare

キドニーケア

 

丸角の小さいコロコロした形状。

ボ「コロコロしてるの!匂いがチーズみたいよ!チーズ食べたことないけど」

匂いが強めなので、食欲不振の時に出してみたりします。

匂いに誘われて食べるわけではないですが、あげる側の気分としては匂いが強いと食べてくれる期待感が持てます。


ロイヤルカナン セレクション

 

これは、シーバみたいな形状でおやつ感覚で喜ぶかな?と思って出してみました。

ただ、四角くて大きいのでお口が痛い子は嫌がるかもしれないです。

こちらは、ロイカナ腎臓サポートよりもタンパク質・リンの含有量は多いようですが、あまり気にせず出してます。

ボニーちゃんは問題なく食べましたが、半分くらいは口から出しながら食べすすめます。

ボ「シーバみたいに中になんか入ってるの。シーバじゃないけどね。」

ヒルズk/dドライ

 

粒が丸くて平たく潰してあるような形状。少し大きめ。「食べづらくないかな?」と思いきや、これも普通に食べ始めました。

ボ「うん、ちょっとデカいよ。だからちょっと口に入れてもポロポロ出しちゃったりするけど味は嫌いじゃないよ。ボリボリ食べるよ」


カントリーロード

キドニー プラス シニアケア

 

がっちり真空パックになっているので、開封するまで粒のサイズ感などはわかりませんでしたが小粒で食べやすそう!というのが第一印象

ボ「うん、食べやすいよ。でも味はそんなに好きじゃないかな」 

口の調子がいまいちそうな時に小粒なのでこれを多めに入れることがあります。


アニモンダ

 

こちらもロイカナセレクションのように四角い形状です。

2個が繋がっちゃってやたらデカい粒も混ざってたりするのはご愛敬。

安心信頼のジャーマンクオリティ。

高価なのと、食べる楽しみとして基本のドライに少し混ぜる程度で出してます。

ボ「すっごいデカいの口に入れたけどかみ砕けなかったわ!でもこれ好き!」

 



補助的に・・(こちらは継続の必要があるかは様子を見ながらやってます)

カリナール コンボ

 

カリナールコンボはリンの吸着と腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。一応、無味無臭とされていますがこれを混ぜるとあまり食いつきは良くないのと、水に溶けにくいため1匙を与えたいところですがフードに混ぜるくらいしか出来ず・・少量の水で団子状にする方法もありますが、時間がかかります。

 

H&Jin

動物用乳酸菌食品

 

免疫力を上げるために、腸内環境を良くする目的で、ボニーちゃんに限らず使っています。細粒で見ずに溶けやすくとても使いやすいです。



Ⅳ 腎臓療法食&腎臓配慮のフード(ウエットフード編)